ピエール・ジモネ・エ・フィス

ピエール・ジモネ・エ・フィス

グラン・シャルドネ・ド・シャンパーニュ~偉大な生産地~
我々はシャンパーニュ地方で最も美しい産地にあるコート・デ・ブランの中心におります。格式高いシャルドネ種が主な品種の畑です。
200年以上前、ピエール・ジモネ・エ・フィス社は生まれました。ジモネはずっとこの地でブドウを育てる仕事をしています。
弊社のブドウ園は今日、グランクリュ級とプルミエクリュ等級の栽培地、合わせて約28ヘクタールにわたっています。
他にはない、価値のある「グラン・ブラン(偉大なる白)」の生まれる28ヘクタールなのです。※インポーター説明文より抜粋

ピエール・ジモネ・エ・フィス社の哲学~傑作である産地、そのことを明らかにする為のドメーヌとしてのスタイル~
私たちは産地の表現を最大限に尊重するため、自らを「産地の代弁者」と名乗り「ワインメーカー」という呼称を拒みます。
私たちのワインは「風土(クリマ)から生まれたブドウ」の自然な表現であろうとしています。醸造によってもたらされる表現ではありません。
当ドメーヌでは、ワインの仕上げは私たちのブドウ畑のグラン・シャルドネに問う口調的な純粋さ、エレガンス、ミネラル感の表われを優先します。
綿密なブレンドの作業を通じて、私たちはたゆみなく、素材感、繊細さ、爽やかさの最高のバランスを追及します。
私たちのブドウ畑はワインにそれぞれのアロマの色、個性をもたらします。それぞれの質を結び合わせ、常に最大限に調和を優先します。
ピエール・ジモネ・エ・フィスの銘柄は、産地を主題にして、その価値のある変奏として音を奏でます。※インポーター説明文より抜粋

比類なき看板
常に完成度を求めるジモネ兄弟は、ワインのブレンドに続く数々の段階の間、何ごとも偶然任せにはしません。
それぞれの判断が理に適うように、常にただひとつの目標に沿って行われます。産地を尊重し自社の明瞭なスタイルを増幅することです。
果実の純粋性とワインの適切さを守るために、ジモネ兄弟は「新鮮な成分」で作業することに大きな重みを与えています。
また自分たちのブドウ畑の多様性と豊かさを意識して、最高の表現を引き出すためにすべてを利用します。
ジモネ兄弟は何よりも、自然と、それが二人に与えてくれる最高のもの、つまり「一流の看板(グランドシニャチュール)」を維持したいと思っています。※インポーター説明文より抜粋