ポールペルノ

ポール・ペルノは1850年創業のピュリニー村を代表する造り手のひとつです。
現在では4代目ポールの息子である長男ポールJr.と次男ミシェルが中心となり運営しています。
約20haに渡るバラエティに富んだ優良な畑を所有し、細やかな栽培を実践。
除草剤や化学肥料不使用。剪定は非常に細やかに行います。
手摘収穫で選果も厳しく行います。
発酵前に醸しは行われず、30度で15日間に渡り、発酵。
白は空気式圧搾機を用い穏やかにプレス、不純物を沈殿させた後、樽内発酵。
赤は完全除梗、発酵後一回のみ穏やかにプレス。
赤白共に樽内で1年間熟成。
新樽比率は村名格30%、1級畑40%、特級畑50%。
白は清澄と軽い濾過、赤は軽い清澄が行われた後、瓶詰めされます。
このように、ポール・ペルノでは、テロワールとヴィンテージの持ち味を引き出すべく、自然な手法が心がけられています。
非常に細やかな配慮がなされ、品質に対するこだわりは徹底したものです。
多くの優良な畑を所有しており、以前は葡萄をジョゼフ・ドルーアン等に販売していましたが、現在はほとんどのワインを自分たちの名前で元詰めしています。
収量を抑え、適度な新樽を使う事で驚く程、芳醇で濃厚な造りとなり、その偉大なワインはピュリニーの造り手で三本の指に数えられる名手です。